後悔しない間取り

Web内覧会を知ってますか?貴重な情報を有効に活用する方法

家づくりブログの醍醐味といえば、Web内覧会です。有名ブロガーでなくともブログ村などのランキングサイトの注目記事にあっさりランクインできるほど強力なコンテンツです。

この記事ではWeb内覧会を有効に活用する方法を紹介します。

1.現実的な「間取り、オプション品」をリサーチする

ハウスメーカーの営業さんによると、住宅展示場の価格帯は5,000~8,000万円だそうです。聞いたときは驚きました。高いですよね。でも、よくよく考えてみれば、建物自体も大きいですし、オプションもふんだんに組み込まれていますもんね。

見どころ満載の住宅展示場ですが、裏を返せば現実味のない家です。

平均的な『住宅購入価格』は住宅のみでおよそ2,800万円です。住宅展示場の半値以下ですが、そのくらいの価格帯のモデルハウスがが実際に実際に購入できる現実的なモデルハウスといえます。

住宅ローンの平均自己資金(頭金)は1,250万円?住宅ローンは家計に見合った借入金額で組むのが鉄則です。しかし「他の人は頭金はどのれくらい?」「借入金額はどれくらい?」と興味を持ってしま...

Web内覧会で紹介される家はまさに現実的なモデルハウスです。実際に家を建てた施主さんが善意で開催されています。

採用されているオプションは人気の高いものばかりですし、ときどきこだわりのオプションも紹介されており、抜けなく漏れなく自然体のハウスメーカーの特長を把握できます。

ハウスメーカー選びの貴重な検討材料になります。

また実際に生活している家であるため、隠しきれない生活感も漂います。これは読者にとっては良いことです。生活感があると間取りのイメージを膨らませやすくなるからです。

住宅展示場は夢がいっぱい詰まった家ですが現実味がありません。Web内覧会では、実際に購入できる現実的な間取りをリサーチしましょう。

2.こだわりの間取りを知って選択肢を広げる

理想の間取りを想像してみてください。

実家の間取りや今住んでいる賃貸、過去に住んでいた賃貸の間取りを想像しませんでしたか?

でも、それは仕方の無いです。皆さんは住宅設計の専門家でもないので、間取りの引き出しが少なくて当たり前です。しかし、この状態で間取りを決めてしまうと後悔します。

間取りを検討するには、できるだけ多くの間取りを見て選択肢の幅を広げてください。最終的には、多くの選択肢の中から最適の間取りを組み立てることが重要です。

Web内覧会を開催するブロガーは、間取りに対する「こだわり」が人一倍強いです。その「こだわり」はネット上で披露するだけあって素晴らしいものであることが多いです。

Web内覧会を利用するにあたって、1つだけ注意点があります。

ハウスメーカーで閲覧するWeb内覧会を絞り込まないでください。間取りの選択肢を増やすためには、一つでも多くのパターンを見ることが大切です。

自分の理想とする間取りの実現可否は設計士が判断してくれます。自ら制限をかける必要はありません。

3.コメント欄を通じてリアルな声を収集する

Web内覧会の記事を読んでみて、気になることがあれば質問しましょう。ほとんどのブログにはコメント欄やお問い合わせフォームがあるはずです。インターネットの世界なので24時間いつでも書き込みは可能です。

相談できる窓口がせっかくあるのですから、どんどん使いましょう。

家づくりに対して「こだわり」の強いブロガーさんほど、喜んで回答してくれるはずです。匿名性が強いネットならではの「本音」を聞けるかもしれませんね。

Web内覧会の記事は貴重な情報源

Web内覧会は身ばれの危険性もあります。身バレが原因でブログ記事を削除されたブロガーさんを何人も見てきました。そのためWeb内覧会を一切開催しないブロガーさんも多いです。

ブログ運営者が身バレのリスクを冒してまで、Web内覧会を開催してくれることに感謝しましょう。本当に貴重な情報なのです。

Web内覧会は貴重な情報だからこそ、もっと積極的に活用すべきだと思います。

WEB内覧会<総合>

素敵な家づくりになりますように!

参考になりましたら「見たよ」のポチッをお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ