後悔しない間取り

「玄関側トイレのデメリット」から考える最適な設置場所

わが家のトイレは玄関側にあります。

玄関に設置した理由は家族のプライベートな空間を守るためです。脱衣所や浴室は、基本的にお客さまに立ち入ってほしくない場所です。家族にしか利用させたくないゾーンという考え方です。

脱衣所と浴室は家の奥に配置して、家の入口となる玄関側にトイレを設置しました。お客さまは玄関とリビングで対応します。

一見するとよいことずくめなのですが実際に暮らしてみると玄関トイレのデメリットが分かりました。

玄関側トイレのデメリット

デメリットは2つあります。

トイレの匂いが漏れる

玄関側にトイレのデメリットは、汚い話になるのですが、それは「匂い」です。

体調の良いときは気にすることはないのですが、年に数回くらいですが、とんでもなく匂いがキツいときがあって、そのときはトイレだけにはとどまらず玄関にまで匂いがもれます。そういった状態のときに、お客さまが来たらと思うとぞっとします。

玄関スペースが圧迫する

近頃はコンパクトな玄関の家が多くなってきているとはいえ、玄関側にトイレを設置すると本当にコンパクトな間取りになってしまいます。間取りの設計のときに玄関スペースに多少なりとも影響がありました。

またコンパクトな限界になるとほど、トイレからの臭いが漏れるというデメリットが際だってしまいます。

最適なトイレの位置とは?

リビングトイレはお勧めできない…

余程のこだわりがなければ、リビングにトイレを設置するのはお勧めしません。なぜならトイレから漏れるのは匂いだけではなく「音」もあるからです。家族でも気恥ずかしい状況になるのにお客さまだったらなおさらです。

フォローではありませんがリビングトイレにもメリットはあります。

最大のメリットはトイレが寒くならないということです。トイレは家の角に配置されるため、他の部屋と比較しても寒くなりがちですが、家の中で一番温かいリビングに配置し置けば暖かいこと間違い無しです。

脱衣所側にトイレが最適

わが家のように「家族のゾーン」に対して大きなこだわりがなければ、トイレは脱衣所側に設置するのが一番最適です。

脱衣所は家に奥に設置しますので、匂いや音が漏れたとしても大きな問題はありません。お客さまにとっても安心して使えるトイレになります。

間取りの工夫によっては、手洗いを脱衣所の洗面台と共有できるので省スペースにも繋がります。ここで浮いたスペースで書斎など付けることも可能ではないでしょうか。

まとめ

トイレを配置するときは下記の2点に気を付けよう。

  • 匂い

脱衣所側にトイレを設置するのが家族にとってもお客さまにとっても安心できる最適な場所ではないでしょうか。

生活をイメージして配慮されたトイレって素敵ですね。

参考になりましたら「見たよ」のポチッをお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ