後悔しない資金計画

住宅購入後に準備しておきたい費用

住宅ローンの返済は家賃相当を想定していれば大丈夫!なんて聞き心地の良い※話、ハウスメーカーの営業さんから言われてませんか?

これは信じちゃ駄目ですよ。

住宅ローンの支払いはもちろん、建物と土地の固定資産税は想定していました。他にもあるだろうと覚悟はしていたのですが、想像以上でした。想像以上の出費だったのは「住居のメンテナンス費」、「育児費」、「町内会費」です。

住居のメンテナンス

10年後の修繕費

住居のメンテナンス費用は、10年後までに100万円積み立てが必要だと言われています。年間10万円、1カ月単位に直せば8500円と少なく見えますが、固定費として考えると大きな出費です。

最悪、10年後にお金がないときは先延ばししたらいいかな?と思った方は、安易に長期優良住宅の認定を受けないでください。長期優良住宅は、維持保全の義務が法律で定められています。

目先の優遇に目がくらんで長期優良住宅の認定をうけたわが家は、新築3年目に突入してますが、実はいうとまだ積み立てしてません。そろそろ始めないと尻に火が付きそうです。

庭木の管理費

新築のとき併せて外構工事もしました。庭木を何本か植えたのですが、根付く前に4本枯らしました。そのまま放置しておくことも考えたのですが、新築の家には格好が悪いので植え替えました。およそ12万円の出費でした。

庭木が根付かず枯れることは想定できていませんでした。本当に痛い出費です。外構工事で庭木をお考えであれば、乾燥や虫に強い樹木を選ぶことをお勧めします。

芝生の管理費

芝生の庭を考えているなら、芝刈り機の費用も算段しておくと良いです。手押しから電動までお値段はピンキリですが、ある程度の坪数の庭であれば、3万円以上の本格的なものが必要です。

芝生の世界は奥が深く、たとえば、目土、肥料、散水、芝切などなど、毎年のメンテナンス費用もばかになりません。

家庭菜園の苗台

庭の一角に家庭菜園用の小さな畑があります。夏はミニトマト、ナス、きゅうり、秋にはさつまいもを育てています。

食費の足しにもなって得するんじゃないのと思われがちですが、実際にはそうでもないです。シーズン始めには肥料や石灰、苗の準備が必要ですし、畑を耕すためのくわ、また野菜を支える支柱、麻のひもなど、出費は大きいです。

家まわりのメンテナンス費

玄関タイルや配水管などの掃除には、ケルヒャーなどの高圧洗浄機があると短時間でキレイになります。後から購入を検討すると高価なので二の足を踏んでしまいます。できれば住宅購入後の予算に入れておくと良いです。あると絶対に便利です!

育児費

子どもの衣服費

出産間近の方、小さな子どものがおられるなら、子どもの衣服費は甘く見ないほうが良いです。

保育費用くらいしか想定していませんでしたが、ふたを開けてみれば衣服費がばかになりません。幼児の身体は成長が早く、洋服、靴の買い替えが頻繁です。また女の子だからなのか、服へのこだわりがすごいです。

習い事の費用

小学生になるまでは、こどもチャレンジの教材費くらいだろうと思ってたのですが、甘かったです。現在、ヤマハ音楽教室に通っています。保育園で習い事を始めると思ってもいませんでした。

最近ではお友達がスイミングに通い出したみたいで、そのうち娘も習いたいと言い出すのではと覚悟しています。

固定費扱いするのがベスト

衣服費、習い事の費用は、事前に固定費として1〜2万円を固定費として計上しておいたほうが良さそうです。

自治会費

固定費と言えば、自治会費もあらかじめ計上しておきましょう。地域によって金額も大きく違います。公民館や神社などを建て替えた直後の地域などは、かなり割高です。

僕の住む地域は年間1万円ですが、会社の同僚の住む地域では6万円と高額で、金額が多きいのため、毎月5000円と分割払いだそうです。

その他にも、お祭りでの寄付や、よく分からん募金の強制、それらを合わせると、自治会費とは別に6000円ほど支払っています。

また自治会に加入する際に入会金が必要です。自治会の入会金については別記事で取り上げていますので、併せてご覧ください。

正直言えば、加入したくないのに入会金まで取られるのはつらいです。

想定外の出費に備えて貯蓄は残しておく

不安をあおるような話になってしまいましたが、住宅ローンの支払いが家賃と同じあっても大丈夫ではない、ということを伝えたかったのです。

生活費をギリギリに削っての住宅ローンは、本当に危険です。

住宅ローンを借りる前には、月々いくらまでなら返せるのかシミュレーションが大事です。どれだけシミュレーションしていても想定外の出費は絶対にあります。余裕のある計画に心がけましょう。

最終的に一番頼りになるのは貯蓄です。貯蓄は将来のためはもちろんですが、急場をしのぐためにも必要です。特に出産間近や出産を希望するの共働き夫婦は、住宅ローンの頭金ですべての貯蓄を切り崩すのは避けましょう。

結婚や出産をきっかけに住宅購入を検討するときに知っておきたいことマイホームを建てたい!と思ったのは、出産から子育てに入った頃です。それまでは賃貸暮らしで満足できていたのですが、生活が大きく変わると考え...

住宅ローンの選定は、金利面で優位性のあるネット銀行も候補に挙げましょう。審査のハードルが高いので、あくまでも本命ではなく、審査が通ればOKというスタンスくらいでいましょう。お勧めは、休日も窓口のあるイオン銀行充実した保障の住信SBIネット銀行がお勧めです。

素敵な家づくりになりますように!

参考になりましたら「見たよ」のポチッをお願いします。

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ